広告を利用しています。

【関暁夫のやりすぎ都市伝説】世界最古の遺跡ギョベクリ・テペは宇宙人の技術で作った!?<2018年5月放送まとめ4>

天野翔一郎
天野翔一郎

Amazonで都市伝説や、陰謀論をまとめた書籍を販売中!

今すぐチェック→3冊目出版記念キャンペーン中

2018年5月18日に放送された、
関暁夫さんがメインの都市伝説特番の
「やりすぎ都市伝説」のまとめです。

テレビでは、語られなかった部分まで、
掘り下げて、肉付けしています。

このスペシャル放送でのテーマは、
「人類の未来年表」です。

私たち人類の成り立ちや、
宇宙とのかかわりについて、
紹介されました。

私たち人類の起源は、
宇宙人だったという説もあるため、
ぶっ飛んだロマン系都市伝説です。

個人的には、好きな内容です。

関暁夫さんのやりすぎ都市伝説、
2018年5月放送のまとめ記事は、
こちらからご覧頂けます。

このまとめ記事では、
世界最古の遺跡と言われる、
トルコ「ギョベクリ・テぺ」に飛びます。

ギョベクリ・テぺ遺跡は、
なんと、宇宙人が作った遺跡であり、
その痕跡が多く残されているというのです。

なかなかのぶっ飛び都市伝説ですが、
宇宙人の存在を思わせる出土品などが、
見つかっているのです。

世界最古の遺跡「ギョベクリ・テペ」とは

ギョベクリ・テペ遺跡の発見は、
比較的、最近の事です。

1983年に、トルコ南東部の
シャンルウルファ県郊外にある山頂から、
ギョベクリ・テペが発見されました。

その後、1995年よりシャンルウルファ博物館と、
ベルリン・ドイツ考古学研究所による
共同の発掘作業が開始されます。

2007年以降、ドイツ人学者クラウス・シュミットを、
リーダーとして発掘作業が進められますが、
2014年に彼がなくなってしまいます。

その後、発掘調査は、
専門機関や大学に引き継がれますが、
以前ほど進んでいないのが現状のようです。

そのため、ギョベクリ・テペ遺跡は、
まだまだ未知の遺跡と言えるでしょう。

世界最古の遺跡!?1万1500円前の石柱を発見

そんなギョベクリ・テペ遺跡ですが、
石柱の年代測定分析したところ、
1万1500年前に作られたことが分かったのです。

エジプトの古いピラミッドでも、
今から7000年前に作られているため、
ギョベクリ・テペがいかに古いかがわかります。

また、私たちが義務教育で習う内容では、
世界最古の文明は「メソポタミア文明」ですが、
ギョベクリ・テペ遺跡はそれ以前です。

ギョベクリ・テペ遺跡周辺に独自の古代文明があった!?

実は、ギョベクリ・テペ遺跡の近くには、
メソポタミア文明発祥の地である、
チグリス川とユーフラテス川が流れています。

そのため、メソポタミア文明発達以前に、
ギョベクリ・テペ独自の文明があった可能性も、
否定する事はできないのです。

地理的な要素を見ても否定できません。

ギョベクリ・テペ遺跡周辺の地図

そのため、私たちが知らない古代文明が、
存在していたのかもしれません。

このような背景があるため、
ギョベクリ・テペ遺跡の年代に関しては、
ウソでは?と考える学者もいるようです。

あなたは、どう思いますか?

ギョベクリ・テペ遺跡の謎

ギョベクリ・テペは古いだけでなく、
いくつかの謎があります。

謎を順番に見ていきましょう。

ギョベクリ・テペ遺跡の謎1:遺跡建設方法の謎

まずは、建造です。

このギョベクリ・テペをどのように
建造したのかが謎に包まれています。

1万1500年前という事は、
農耕=定住してませんから
遺跡を作る事は不思議な事です。

打製石器を使って狩猟を中心に
生活を送っていた時代に、
どのようにして遺跡を建造したのか。

ちなみに、これだけの遺跡なのに
定住した跡が見つかっていません。

この遺跡を信仰の対象として
神への祈りをささげていたのでは?
という説もあるようです。

いずれにせよ、この遺跡の誕生は謎です。

2:象形文字や星座が彫られた石柱

遺跡の発掘で発見された石柱には
象形文字や人間ような生き物や
星座のモチーフの生き物が彫られています。

引用:https://news.biglobe.ne.jp/trend/0501/kpa_170501_3685217970.html

他にも、彗星が地球に衝突した
影響が刻まれた石柱も見つかっています。

この博士曰く、ギョベクリ・テペは
神殿ではなく天体観測をおこなうための
天文台だったと結論付けています。

時代背景を考えていっても
大きな石柱が複数出土する事は
考えられないのです。

3:口のない人型の石像の謎は宇宙人か

ギョベクリ・テペでは人をモチーフにした
石像がいくつも出土しています。

しかし、その中には意図的に頭部や
口がない石像が含まれています。

この口のない石像は宇宙人と考えられ、
彼によって時代をふさわしくない
技術が伝承されたとする説があります。

さらに、話は飛躍しますが、
そもそも人類は宇宙人によって作られた
という説もあるのです。

この人類を想像したのは
宇宙人とする説については長くなるため
こちらでまとめました。

都市伝説というかファンタジーですが
不思議と筋が通る点も多く
見ていて面白い内容となっています。

こちらからご覧ください。

まとめ

やりすぎスペシャルのまとめ記事も、
次回の「人類の起源は宇宙人説」で完結です。

1本のストーリーになっているので、
わかりやすい構成になっていますよね。

  • 異常気象が多くなってきている→ポールシフトか!?
  • ポールシフトなら地上には住めない→地下に移住した!?
  • 超巨大な地下都市が過去に存在していた(カッパドキア
    • あまりにも巨大な都市と言える空間。誰が作った?
    • 同じトルコに謎の多い遺跡がある。(ギョベクリ・テペ)
    • 遺跡を作ったのは宇宙人ではないか?
    • 実は、宇宙人が我々人類に大きな影響を与えているのでは?
  • 逃れる事ができる空間は限りがある=現代版ノアの箱舟
  • ノアの箱舟の乗船チケットは信用スコアで決まる
  • 信用スコアはネット上の莫大なデータをAIで判断
  • AIによる人間選別が行われる

かなりざっくりですが、
こんな内容になっています。

宇宙人と人類というテーマは、
非常にぶっ飛んだ都市伝説ではありますが、
個人的には、非常に好きなテーマです。

非常に、興味深い内容となっています。

というわけで、
下記のリンクをクリックして、
次のまとめ記事をご覧ください。

関暁夫さんのやりすぎ都市伝説、
2018年5月放送のまとめ記事は、
こちらからご覧頂けます。

3冊目の電子出版しました

クリックして今すぐ読む

※期間限定でキャンペーン中

\ボタンを押してシェアお願いします!/

-やりすぎ都市伝説, 宇宙の都市伝説
-