イルミナティ

未来を的中させる「HGウェルズ」は予言者なのか?将来の計画を知るイルミナティだったのか?

陰謀論や都市伝説じゃない!

限定キャンペーン価格で参加できます

ディープステートも操る黒幕とは?

※日本も黒幕の配下。ある政治家がパイプ役かも!?

天野翔一郎

ブログ運営者の天野翔一郎です。

Amazonで都市伝説や、陰謀論をまとめた書籍を販売中!

詳細はこちらをクリック!

あなたは予言というものを信じますか?

個人的に、予言と言えば、
ノストラダムスの大予言をイメージします。

私と同年代の方であれば、
同じイメージをお持ちだと思います。

都市伝説好きであれば、予言と言えば、
「イルミナティカード」でしょうか?

この記事では、予言を的中させる
イギリスのSF作家「ハーバート・ジョージ・ウェルズ」を、
ご紹介していきます。

彼は、未来を知る予言者だったのか、
それとも、将来の計画を知る「イルミナティ」なのか。

ウェルズとは、どんな人物だったのか、
彼がイルミナティだと考える
私の考察もご紹介させて頂きます。

ハーバート・ジョージ・ウェルズとは?

ハーバート・ジョージ・ウェルズは、
1866年から1946年まで生きていた
イギリスの超有名SF小説家です。

彼の名前は知らないかもしれませんが、
彼が残した作品や作品を通じて残した
様々なもの概念は非常に有名です。

ウェルズの残した概念

  • タコ型の宇宙人という概念
  • タイムマシンというアイテムの概念
  • 透明人間という概念
  • 半重力装置(ニコラ・テスラが開発していた)
  • 細菌兵器
  • 世界統一政府(ニューワールドオーダー:NWO)という言葉

ウェルズの残した作品

  • タイム・マシン(1895年)
  • モロー博士の島(1896年)
  • 透明人間(1897年)
  • 宇宙戦争(1898年)

宇宙戦争は、トム・クルーズ主演で、
映画化されているため、
あなたもご存じだと思います。

ウェルズが、作家としていかに優秀で、
様々な作品に影響を与えている事は、
作品や概念を見ればわかって頂けると思います。

ネタバレになるので、公開しませんが、
宇宙戦争の結末を見て頂ければ、
彼が非常に博識であった事も理解できます。

興味があれば、宇宙戦争ご覧ください。

政治家としてのウェルズの活動

ちなみに、ウェルズはSF作家という以外にも、
政治家という一面も持っています。

ウェルズはイギリス労働党の影響力を持つ
社会主義団体フェビアン協会の協会員でもあります。

フェビアン協会とは?

フェビアン協会は社会主義団体で、
後のイギリス労働党の母体となるほどの、
大きな影響力を持つ事となります。

フェビアン協会は、知識人が中心に設立され、
彼らの政策は非常に上手に運営されています。

1942年に出版されたフェビアン社会主義内の、
13項目の計画が掲載されており、
これを見ると、日本はまさにフェビアン主義です。

下記、Fabian Socialism(フェビアン社会主義) - YS Journal アメリカからの雑感より引用。

  1. 強力な中央政権P
  2. 立法と司法を凌駕する強い官僚組織
  3. 政府による金融、株式市場のコントロール
  4. 政府による雇用のコントロール
  5. 失業保険と年金
  6. 国民皆健康保険と食料及び住宅補助
  7. 上限のない政府の借金(無制限の国債発行)
  8. 金融システムの管理
  9. 政府による貿易のコントロール
  10. 政府によるエネルギー資源と農業生産のコントロール
  11. 政府による労働の規制
  12. 青少年へのフェビアン主義者の理想となる権威者による教育
  13. 累進課税

日本は世界で一番回っている、
社会主義国家だと言われていますが、
あながち間違いではないんですよね。

第一次世界大戦後のワシントン会議に参加し、
様々な政治家と交流を持っていました。

ちなみに、彼が協会員だったフェビアン協会は、
関連する学校を持っており、ロックフェラーが留学し、
修士号を取得しているという事実があります。

フェビアン協会自体が、エリート層の集まりのため、
協会のメンバーを通じて、
秘密結社と関わりがあったかもしれません。

プルスウルトラに所属していたウェルズ

このブログでも紹介している、
プルスウルトラという秘密結社があります。

秘密結社ですから、設立の目的や、
活動の詳細自体分かっていないのですが、
数多くの天才が所属した秘密結社です

プルスウルトラのメンバー

  • トーマス・エジソン
  • ギュスターヴ・エッフェル(エッフェル塔を作った人物)
  • ニコラ・テスラ
  • アルベルト・アインシュタイン
  • ウォルト・ディズニー

などなど、後世に名を残す、
偉人たちが設立したとする秘密結社。

HGウェルズも、設立メンバーの1人として、
プルスウルトラに参加していたのです。

関連
【やりすぎ都市伝説】Dの意志!フリーメイソン(デモレー団)と天才たちの秘密結社「プルスウルトラ」

続きを見る

エッフェルは、フリーメイソンですし、
プルスウルトラのメンバーたちも、
秘密結社に入っていた可能性が高いでしょう。

フリーメイソンだったという事は、
もしかすると、イルミナティだったかもしれません。

フリーメイソンとイルミナティの違いは、
こちらの記事をご覧ください。

関連
フリーメイソンとイルミナティの違いや関係性!イルミナティはロスチャイルド家の支援で設立された

続きを見る

HGウェルズが的中させた予言

ウェルズがどんな人物なのか?
という事をわかって頂けたと思うので、
いよいよ「予言」についてみていきます。

まずは、彼が的中させたと言われる
予言についてご紹介します。

ウェルズが的中させた予言

  • 第二次世界大戦の開戦
  • ドイツのヨーロッパ侵攻
  • アメリカ・ソ連の賛成で連合国側の勝利
  • 原子力兵器の登場と日本への核兵器投下
  • 資本主義の全盛

非常に博識だったウェルズの場合、
これらの未来に関しては、
予見する事ができた可能性があります。

ただ、その中でも、原爆の予言は、
ウェルズが予言者だと言われるゆえん
です。

ウェルズには有名な作品がたくさんあり、
「解放された世界」という作品があります。

「解放された世界」では、
当時実現されていない核兵器に着目して、
核による戦争が書かれています。

「解放された世界」の影響を受けて、
イギリスの核開発は進められたという噂もあります。

他にも、「ユートピア」という作品で、
携帯電話が登場します。

作中の携帯電話は今のスマホのようなもので、
無線電波を受信して、メッセージを
やり取りする未来が書かれているのです。

映画にもなった「宇宙戦争」では、
当時なかったレーザー銃が登場します。

人類が初めて軍事的な用途で、
レーザー銃を用いたのが、
1960年前後と言われています。

他にも、人工知能の発達による
アマゾンエコーやグーグルアシスタントような
テクノロジーの登場などなど。

あげればきりがないほど、
未来を見通したものが登場します。

HGウェルズが予言する今後の世界

これから送るかもしれない予言

  • 2020年ごろ:カトリック法王への毒ガス攻め
  • 2020年ごろ:学校は全て「国家学校」となる
  • 2020年ごろ:キリスト教・イスラム教の衰退(ユダヤ人、シオニズムの国はひとつにまとまった「人間社会」に溶け込む)
  • 2030年ごろ:革命の時代がはじまる
  • 2047年:生物の自由な遺伝子操作が可能になる!?
  • 2050年:悪魔のように漂う奇妙な植物、異形の動物の誕生
  • 2050年:地殻の内にある深部埋蔵物の探査、開発
  • 2059年:メゲーブ宣言=人類の完全な結束
  • 2106年:人類の集団は、一つの群生有機体へ

先ほどからお伝えしているように、
ウェルズは、フェビアン協会員のため、
予言もその主義主張が反映されています。

さて、肝心の今後起こるかもしれない予言ですが、
一番気になったのが宗教に関する内容です。

イスラム教やキリスト教が衰退すると、
ウェルズは予言しています。

宗教は「神」がある事で成立しますが、
人工知能を含めテクノロジーの進化によって、
人々の価値観が変わりつつあります。

シンギュラリティーによって、
今の私たちでは想像できない未来へと、
世界は変わっていくかもしれません。

また、2047年の遺伝子操作も、
大きなターニングポイントだと思います。

ウェルズが所属していたフェビアン協会は、
エリート層の集まりのため、
彼自身にも選民思想がある可能性が高いです。

そのため、人間の遺伝子を操作する事で、
優秀な人間だけを生み出そう、
という考えがあったのかもしれません。

さらに、2050年の地球内部の調査。
地底都市アガルタは見つかるのでしょうか?

関連
地底世界「アガルタ」は存在するのか?地球空洞説を解説

続きを見る

過去の的中実績を考えると、
この中のいくつかの予言は、
的中してもおかしくありません。

それくらい、未来を捉えていると感じます。

HGウェルズとイルミナティの関係

ここからは、私個人の考察です。

ウェルズの予言は、どちらかというと、
情報の整理による考察に近いと感じます。

私の個人の考えた結論ですが、
HGウェルズはイルミナティのメンバーだったと、
考えています。

私なしの考察理由を含め、ご紹介します。

ウェルズの予言は予言ではなく予告だったと考察

なぜ、予言ではなく、予告だったと、
結論づけるのかというと、
下記の理由があるためです。

予言ではなく考察だと思う理由

  • フェビアン協会員(政治家)として各国の一次情報を受取れる
  • 秘密結社プルスウルトラのメンバーであった

彼は、フェビアン協会員として活動して、
各国の様々な政治家と交流もありますし、
多くの一次情報を手にしていたはずです。

当時のアメリカ大統領「ルーズベルト」や、
当時のソビエト連邦首相「スターリン」に、
会う事ができる人物なのです。

そのため、一般人が知りえないような、
機密情報と言える情報を、
持っていた可能性は十分あります。

また、彼は秘密結社「プルスウルトラ」の、
設立メンバーであったため、
より深い情報を得ていた可能性が高いです。

プルスウルトラのメンバー

  • トーマス・エジソン
  • ギュスターヴ・エッフェル(エッフェル塔を作った人物)
  • ニコラ・テスラ
  • アルベルト・アインシュタイン

上記は、ウェルズとともに結社を作った、
設立メンバーと言われています。

アメリカ海軍の軍事実験の
総指揮を執ったとされる、
天才科学者「ニコラ・テスラ」がいます。

当時兵器化されていたなかった原爆も、
プルスウルトラのメンバーから、
情報を受取っていた可能性があります。

また、エッフェルはフリーメイソンメンバーです。

海外の文献を調べていくと、
HGウェルズもフリーメイソンメンバーだったことが、
フリーメイソン機関紙に載っています。

そういう、情報を受取れる立場にいたと、
私は考えています。

イルミナティは予告する

イルミナティの最高幹部だったとされる、
アルバートパイクはこう発言しています。

「予言とは当てるものではなく、当たるものだ。」

これから起こる事(起こす事)を、
何らかの形で発信する事によって、
予言が当たっているように見えるというわけです。

実際に、アルバートパイクが送った手紙は、
第一次~第三次世界大戦を予言しています。

そして、第一次、第二次世界大戦の予言を、
的中させているのです。

関連
【アルバート・パイクの予言】イルミナティが起こす第三次世界大戦

続きを見る

他にも、イルミナティの予言と言えば、
イルミナティカードが有名ですよね。

関連
イルミナティカードが予言する地震などの災害や事件

続きを見る

そういう事を考えると、
ウェルズの小説はイルミナティの予言として、
発表されたものかもしれません。

新世界秩序(ニューワールドオーダー)をウェルズが出版

1940年にウェルズは、「新世界秩序」を、
出版しています。

新世界秩序=ニューワールドオーダー。
つまり、世界統一政府の事を指します。

彼の出版から、ニューワールドオーダーは、
世間で広く認知される事になりました。

ウェルズは、新世界秩序の中で、
国家の存在を認める国際連盟を批判し、
主権国家の完全な根絶を訴えています。

さらに、高級技術官僚や、少数のエリートによる、
世界統一政府を通じた地球管理にも言及しています。

まさに、イルミナティの考える、
世界統一政府の姿と言えるでしょう。

また、前述のとおり、HGウェルズは、
フリーメイソンのメンバーである事がわかっています。

そのため、彼がイルミナティのメンバーだと、
考える方が自然と言えるでしょう。

まとめ

ウェルズの予言という内容で
情報をまとめてみました。

ちなみに、ウェルズは日本とも、
とても関係が深い事がわかっています。

敗戦後、GHQにより、
日本国憲法の草案が作られました。

その際、ウェルズも草案の作成に参加し、
彼の考えるフェビアン主義や、
イルミナティの考えが反映されています。

あなたはどのように感じましたか?

陰謀論、都市伝説!?

今すぐ無料で確認する

※メディアが報じない真実の情報とは?※

3冊目の電子出版しました

クリックして今すぐ読む

※期間限定でキャンペーン中

陰謀論や都市伝説じゃない!

限定キャンペーン価格で参加できます

ディープステートも操る黒幕とは?

※日本も黒幕の配下。ある政治家がパイプ役かも!?

\下のボタンを押してシェアお願いします!/

-イルミナティ
-