地震兵器HAARP(ハープ)

人工地震は存在するのか?国会で語られた人工地震&気象兵器HAARP(ハープ)の正体

天野翔一郎

都市伝説や、陰謀論をまとめた書籍をAmazonで販売してます!

詳細はこちらをクリック!

地震が発生するたびに、
Twitterのトレンドをにぎわせている、
人工地震というキーワードがあります。

人工地震とは、書いた字のごとく、
人工的に巨大地震を発生させる事です。

そこで、今回は人工地震をテーマに、
掘り下げてお話をしていきます。

果たして、人工的に地震を起こす事は、
可能なのでしょうか?

人工地震を起こす事は可能なのか?

結論からお伝えすると、
人工地震を発生させる事は可能です。

頭がおかしいと言われそうですが、
ページを閉じるのは少し待って頂いて、
読み進めて頂きたいです。

国会で答弁された人工地震について

今回、ご紹介する動画は、
平成23年07月11日の国会の動画です。

衆議院で行われた、
東日本大震災復興特別委員会にて、
下記の答弁がされたのです。

動画をご覧になる場合は、
この動画の11分過ぎからご覧ください。

再生ボタンをクリックして、動画をご覧ください。※サムネイルが非表示でもクリックするとご覧頂けます。

以下、動画の書き起こしです。

国会での答弁の内容

動画の内容を、
一部口語から文語に書き直しています。

みんなの党 柿沢議員

そこで浜田政務官(自民党議員)の
国際政治経済学者時代の論文を、
今日は資料として配布をさせて頂きました。

スマトラ沖地震に隠された仰天情報。

論文の私なりに要約します。

アメリカが気象コントロール技術を研究していて、
2004年のスマトラ沖地震を
引き起こしたものである疑いがある。

文字通り仰天するような内容が、
ここに書いてあります。

アメリカの思惑として、
地震と津波の襲ったこの地域は、
熱烈なビンラディン支持者が多い。

東ティモールの独立勢力も一掃された。

アメリカの石油資本にとって、
長年の敵が消滅し、
「願ってもない自然災害だった」と書いてある。

最後にはですね、

悪の枢軸国に対しては、
地震や津波兵器を使うことも、
いとわないアメリカ。

こういうふうに書いてあります。

(中略)

「正直スマトラ沖地震と津波は、
アメリカの地震津波兵器の仕業だ。」

(以下略)

自民党 浜田議員

お答え致します。

地震兵器や、自然改変装置は、
アメリカだけではなくて、
ロシアも中国でも研究されています。

また、地震や津波を、
人工的に起こすということは、
実は技術的には十分可能
と言われている。

人工的に自然を改変する事は、
国際政治軍事上においては、
常識化されています。

そのため、スマトラ沖の地震、津波も、
人工的に起こす事は可能です。

上記が、YouTubeで確認できる、
国会で質問された自然改変装置に関する、
政治家の答弁です。

自民党議員であり、当時政務官だった
浜田議員の回答を要約すると、下記となります。

  • 自然を改変する装置は各国で研究されている
  • 自然改変装置で、人工的に災害を発生させる事ができる
  • 上記の兵器は国際軍事上、当たり前という認識

TwitterなどのSNSで匿名の一般人が、
人工地震について語る事と、
国会議員が国会の場で語る事は意味が違います。

ピンポイントで大規模災害を、
発生させる事が可能なのかは疑問ですが、
私も自然改変は可能だと考えています。

その理由は、いくつかあるので、
ご紹介していきます。

気象庁で会見で発表した「人工地震」

ダメージを与えるという意図をもって、
地震等の災害を起こせるか、否かは置いて、
気象庁でも人工地震の会見をしています。

その時の会見の映像がこちらです。

再生ボタンをクリックして、動画をご覧ください。※サムネイルが非表示でもクリックするとご覧頂けます。

2016年1月6日に、北朝鮮付近を
震源とする地震を観測しました。

しかし、地震波の特徴などから、
地殻変動による通常の地震とは異なる、
地震という事がわかりました。

人工地震とは言われていませんが、
自然地震ではない可能性がある、と
会見では言及されています。

自然地震と人工地震の波形の違い

動画を見て頂くとわかりますが、
自然地震と人工地震では、
地震波の波形が異なるようです。

下の波形が自然地震のものに対して、
上にある波形が、自然ではない地震の波形です。

北朝鮮付近という事から、
核実験やミサイルの影響によって、
地震が発生した可能性がありそうですね。

新聞で報道された「人工地震」

実は、過去に人工地震に関して、
新聞が報じている事実があります。

1975年06月20日の読売新聞、
朝刊7面にはこのような記事があります。

恐るべき環境・気象破壊兵器 米ソで研究着手。

その他にも、人工地震に関して、
言及した記事が存在しています。

こんな事を書いてしまって、
仮にとんでもない嘘だった場合、
新聞社の信頼は地に落ちますよね。

東スポのような新聞ならまだしも、
読売新聞が裏取りや確証なしに、
こんな記事を書くとは思えません。

裏が取れた情報だと認識しても、
差支えないでしょう。

軍事機密と言える情報のため、
世間一般には情報が公開されないだけで、
人工地震は可能だと言えます。

敵対国にピンポイントで発生させるなど、
兵器として活用できるかは、
わかりませんが、人工災害は可能という事です。

では、どのような原理で、
自然環境を改変して、
災害を起こす事ができるのでしょうか?

その兵器と言われているものが、
高周波活性オーロラ調査プログラム、
通称HAARP(ハープ)
です。

アメリカが保有する地震兵器HAARP(ハープ)

ここからは、都市伝説・陰謀論です。

人工的に地震を発生させる事できるという、
可能性はご理解頂けたと思います。

政治家や新聞社が報道するわけですから、
自然改変ができる装置の存在は、
非常に大きいと言えるでしょう。

陰謀論の中で、自然改変装置として、
有名なものがHAARP(ハープ)です。

HAARPのアンテナアレイ

HAARPは、高周波活性オーロラ調査プログラムの、
略称のことです。

高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」の表の目的

HAARPは、アメリカ空軍、海軍、
国防高等研究計画局(ダーパ)、
アラスカ大学での共同研究です。

ここに、ダーパが入っているだけで、
一気に怪しさが上がりますね。個人的に。

というのも、ダーパは兵器を開発しない
研究機関とされていますが、
危険な実験を行っているとされています。

過去に行われたとされている
MKウルトラ計画や、モントーク計画、
マンハッタン計画に関わったとされています。

関連
【MKウルトラ計画】恐怖の洗脳実験を分かりやすく解説!イルミナティとの関係

続きを見る

現在は、サイボーグ兵器を開発しているとか…。

話をHAARPに戻します。

HAARPの活動目的は、
地球の電離層と、宇宙環境で発生する
自然現象を追及して、理解する事とされています。

電離層とは?

電離層(でんりそう)とは、地球を取り巻く
大気の上層部にある分子や原子が、
紫外線やエックス線などにより電離した領域である。

この領域は電波を反射する性質を持ち
これによって短波帯の電波を用いた
遠距離通信が可能である。

シンプルに言うのなら、
「オーロラなどの気象環境を観測する」事が、
プログラムの目的とされています。

しかし、陰謀論を主張する方々は、
これは表の理由であって、
裏の理由が存在すると言っています。

高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」の裏の目的

元ミネソタ州知事のジェシー・ベンチュラ氏が、
CNNの取材に対して、こう答えました。

東日本大震災が、HAARPによって引き起こされた。

この発言があったために、
陰謀論として、
HAARPが語られるようになりました。

ただ、HAARPの原理や仕組みを知る事で、
あり得ると考える事ができるのです。

元々、アメリカは1960年代に、
気象コントロール技術を、
軍事目的で開発していました。

その後、1970年代には、ソ連と、
火山や地震のコントロールを禁止する、
協定を結んでいる
んですよね。

つまり、理論的には可能であって、
軍事目的で自然改変がされる恐れがあった、
という事を意味しています。

その後、ソ連は崩壊したため、
アメリカは自然改変に関する研究を、
独占し、進歩させてきました。

自然改変技術を進歩させ続けた結果、
HAARPが完成したとされています。

地震兵器「HAARP(ハープ)」の原理

HAARPの原理

画像では、地層に照射していますが、
HAARPから電離層(大気上層部)に、
電磁波を照射する、が正しいと思われます。

電離層は、電磁波を跳ね返す特性があり、
跳ね返った電磁波が海面に照射されて、
画像のような形で機能すると思われます。

電磁波によって、プレートに含まれる水分を、
温め沸騰させる事で爆発を起こし、
地震を発生させていると考えられています。

要は、電子レンジのような仕組みを応用し、
地震を起こしている
というわけです。

ちなみに、HAARPから電離層に向けて、
約30億ワットものエネルギーを、
照射しているとされています。

家庭用の電子レンジが約600ワットなので、
約100万倍の力という事です。

とてつもないパワーで熱されれば、
爆発が起きる事も納得です。

HAARPの照射場所に関しては、
人工衛星を駆使しているようです。

人工衛星を活用し、どこの電離層を刺激すれば、
特定の場所に地震を起こせるか、という
技術もすでに確立されているようです。

そのため、地球上のすべての地域が、
HAARPのターゲットとなるのです。

今、ご紹介したHAARPが本当に存在し、
すでに、技術として確立しているのなら、
意図的に地震を発生させる事ができます。

ちなみに…HAARPの原理は、
ニコラ・テスラの技術をもとに、
開発したと言われています。

ニコラ・テスラ

ニコラ・テスラは強力なエネルギーを生む、
高周波振動を発生させる装置を開発していました。

1898年に、ニューヨークの新聞記者の前で、
約2トンの鉄の塊を粉砕する実験をし、
開発した装置をお披露目したようです。

ニコラ・テスラ曰く、この兵器の出力を上げれば、
「地球でもりんごのように真っ二つにできる」
と話したとされています。

非常に恐ろしい兵器である事が、
よくわかると思います。

HAARP(ハープ)は天気も自由自在に変える

また、HAARPを電離層に照射する事で、
気象もコントロールできると言われています。

HAARPは地震だけはないんです。

原理については不明ですが、
電離層に向けて、電磁波を照射する事で、
天候を自由に変える事ができます。

そのため、台風や竜巻も意図的に、
起こす事ができると言われています。

気象兵器なんて存在するのか?
と思われそうですが、
実際に開発されて、使用もされています。

1970年のベトナム戦争では、
人工降雨装置を使って雨を降らせ、
機動力を奪う「ポパイ作戦」が実施されました。

それを受け、国連ではこの事実を受け
「気象を兵器として扱ってはいけない」
という採択を取り決めます。

1978年に、気象兵器開発を禁じる
条例まで作られることになったのです。

この条例は、ハリケーン・台風・竜巻などの
気象兵器の使用を禁じています。

「使用してはならない」ということは
「もう既に開発されている」ということです。

つまり、HAARPによる
気象のコントロールの可能性も、
十分あり得るという事です。

もし、ここでご紹介した内容が、
全て実現されているとしたら、
意のままにダメージを与える事ができます。

冒頭のYouTube動画でもご紹介した、
浜田政務官(当時)が論文にまとめていた、
インドネシアへの攻撃説も納得できます。

HAARP(ハープ)は人体攻撃も可能なのか?

しかし、HAARPの真の怖さは、
地震や気象コントロールだけではなく、
人体への直接攻撃だと言われています。

原理としては、HAARPから電波を照射し、
人体への攻撃や精神コントロールをする段階まで、
研究が進んでいると言われています。

もし、人間の精神をコントロールできるなら、
戦争などの武力衝突が起こる前に、
勝負が決する事となります。

まさに、「戦わずして勝つ」状態です。

過去、アメリカCIAが秘密裏に研究した、
MKウルトラ計画の延長だと思います。

また、この電磁波攻撃は、実際に使われており、
ハバナ症候群として報道されています。

ハバナ症候群とは、アメリカ外交官が、
訴えている神経系の症状の事です。

2016年ごろに、キューバの首都ハバナの、
アメリカ大使館職員に最初にみられたことから、
「ハバナ症候群」と呼ばれています。

当初は、アメリカ政府は存在を、
否定されてきましたが、
多数の報告により認める事となりました。

実際に、電磁波による攻撃は存在しており、
アメリカ大使館職人が標的となっています。

今回、ハバナ症候群について調査した委員会は、
敵対行為によるものの可能性があり、
電磁波・マイクロ波が原因と思われる指摘しました。

地震兵器HAARP(ハープ)に言及する政治家

「HAARPなんてもの存在するの?」と、
思ってしまいそうですが、
HAARPに言及する政治家は多数います。

HAARPが陰謀論として有名になったのは、
元ミネソタ州知事のジェシー・ベンチュラ氏です。

彼は、CNNの取材に対して、
下記のように答えています。

東日本大震災が、HAARPによって引き起こされた。

生地冒頭でも紹介した動画の、
日本の浜田政務官(当時)もそうですよね。

さらに、ベネズエラの元大統領チャベス氏も、
ハイチ地震はアメリカの地震兵器によるものだ、と
非難したことが報道で明らかになっています。

ちなみに、チャベス氏は軍人ですから、
軍が隠している技術を知っていたのかもしれません。

各国の政治家、軍人が言及する事から、
HAARPが存在して、陰謀論で言われる事を、
実際に起こせるとみていいでしょう。

そして、人工的に地震を起こせるのなら、
兵器として使われていても、
全くおかしなことではありません。

存在を知らない一般人からすれば、
災害なわけですからね。

そこで、ここからは、巨大地震が、
実はHAARPの仕業だった!?という、
陰謀論をご紹介していきます。

巨大地震に関する陰謀論

近年では、巨大地震が発生すると、
人工地震だ!という主張が見られます。

いくつかの巨大地震と陰謀論について、
掘り下げてご紹介します。

インドネシア・スマトラ島沖地震は人工地震?

この記事内で何度もご紹介している、
浜田政務官(当時)の主張にあった、
インドネシアの地震について掘り下げていきます。

まずは、当時の歴史背景からです。

インドネシア地震の少し前、
アメリカは数ヶ国で連合軍を形成して、
イラクを侵攻しました。

イラク戦争の始まりです。

アメリカは、インドネシアにも、
イラク戦争への参加を求めました。

しかし、インドネシアは参戦を拒否し、
戦争反対派がデモを起こすなど、
反米機運が高まる結果となってしまいました。

この事態に怒ったアメリカは、
インドネシアに懲罰を加える事にした、
というのが陰謀論者のストーリーです。

妄想と言いたいところですが、
地震の1週間前に下記の事があったようです。

インドネシア東のインド洋、
ディエゴガルシア島にあるアメリカ軍基地に、
「津波に警戒せよ」と指令があった。

その警告のおかげなのか、
ディエゴガルシア島のアメリカ軍艦隊は、
被害を受ける事はなかったようです。

そして、被災者を救援する、
準備を整えていたと言われています。

事前に、地震が発生する事を
あらかじめ予想したかのようですよね。

これが、人工地震だといわれるゆえんです。

また、インドネシアはイスラム過激派の拠点で、
アメリカにとっての敵を災害によって、
一層できるチャンスでもあったのです。

さて、あなたはどう思われますか?

個人的には、政治的な背景など、
納得できる理由があるなと感じました。

イルミナティカードが東日本大震災を予言した!?

陰謀論が好きな方にとっては、
非常に有名なイルミナティカード。

世の中の様々な事に対して、
カードを通じて予言していると言われています。

関連
イルミナティカードが予言する地震などの災害や事件

続きを見る

そんなイルミナティカードの中に、
東日本大震災と思われるものを、
予言したカードが存在します。

東日本大震災と思われるイルミナティカード2枚
Earthquake Projector

「Earthquake Projector」は、
地震製造機を意味します。

先ほど、ご紹介した、
元ミネソタ州知事のジェシー・ベンチュラ氏の、
発言も忘れる事はできません。

東日本大震災が、HAARPによって引き起こされた。

もし、この陰謀論が本当だったとした場合、
黒幕はイルミナティと言えるでしょう。

しかし、なぜ、日本を攻撃したのか?
という理由は定かではありません。

先ほどの、スマトラ島沖地震のような、
納得できる理由が欲しいところです。

また、イルミナティとフリーメイソンは、
同一視される事が多い秘密結社ですが、
実は、全くの別物です。

興味があれば、下記の記事をご覧ください。

関連
フリーメイソンとイルミナティの違いや関係性!イルミナティはロスチャイルド家の支援で設立された

続きを見る

まとめ

3.11以降、急激に陰謀論が広まって、
特に人工地震に関して、
認知する方が多くなったと思います。

地震が起こると、Twitterのトレンドワードに、
「人工地震」と入るほどです。

地震学者で大学特任教授の島村英紀氏は、
テレビ番組での質問に対して、
「科学的にありえません」と否定しています。

素人目線で見ると、理論上可能に思えますが、
地質学の観点からは、無理のようです。

でも、どうなんでしょうね。

あなたは、人工的に自然を改変する装置が、
存在すると思いますか?

質の高い情報を持つ3つメリット

クリックして情報を手に入れる

※10分のサンプル動画が見れます

3冊目の電子出版しました

クリックして今すぐ読む

※期間限定でキャンペーン中

\下のボタンを押してシェアお願いします!/

-地震兵器HAARP(ハープ)
-