日本の都市伝説 都市伝説

日本のレイラインと神社の関係性。スカイツリーの本当の役割とは

スカイツリーに秘められた謎という事で、
今回の記事をまとめていこうと思います。

現在電波塔としては世界一の人工の
建築物としては世界2の高さを
誇るのが東京スカイツリーです。

東京タワーに並ぶ新たな東京観光の
目玉として、すでに観光された方も
非常に多いのではないでしょうか?

そんな東京スカイツリーですが、
電波塔という役割以外にも
大きな役割を担っていたのです。

レイライン

お手持ちの地図か地図アプリで
「鹿島神宮」と「皇居(旧江戸城)」と
「富士山」の位置を確認してみましょう。

出典:kissyarita.blog.fc2.com

上の画像にあるように、全ての建造物が
1本の直線状にある事がわかります。

遺跡や神社仏閣などの
パワースポットが並ぶ線は
レイライン(ley line)と呼ばれています。

イギリス人の考古学者によって
発見されたこの線は世界中に存在し、
神秘的な力が秘められた
パワースポットとして注目を集めています。

実は、東京スカイツリーは、
この「鹿島神宮―皇居―富士山」
を結ぶレイライン上にあるのです。

このレイライン上には、
様々な仏閣やパワースポットがあります。

  • 明治神宮
  • 伊勢神宮
  • 修験道の本山である吉野山
  • 徳島県の最高峰の剣山
  • 天孫降臨の高千穂

そして、数多くの謎に満ちた
このレイラインの始まりである
鹿島神宮に、ある霊剣が納められています。

ここで、鹿島神宮について、
合わせて解説していきます。

最強の武神が眠る鹿島神宮

そもそも、「神宮」という称号は、
伊勢神宮を筆頭にきわめて
社格の高い神社にのみ与えられます。

神名帳で他に神宮と明記されているのは、
全国でも鹿島・香取両社だけなのです。

あまりなじみがないように感じますが、
非常に格式が高い神社なのです。

さらに、おもしろい事があります。

鹿島神宮・香取神宮はともに、
日本で3つしかない神宮なんですが、
当時の、東の国の果てに建てられています。
※現在の茨城県、千葉県。

そして、鹿島神宮・香取神宮は、
共に、顔を突き合わせるようにして
並んでいるという特徴もあります。

鹿島神宮には、タケミカヅチという神が、
香取神宮には、フツヌシという神が
祭られています。

両神様は、かなり古い神様で、
共に武神として有名だったそうです。

日本の神話・神道については、
また詳しく解説していきます。

国平剣

国平剣(ことむけのつるぎ)あるいは
布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ)は、
古事記・日本書紀の時代から伝わる霊剣です。

国平剣にはたったの一振りで
国中が平穏になる力があると言われ、

雷と剣の神タケミカヅチは、
これを用いて荒ぶる神を破って
日本を平定したと伝えられています。

だから東京スカイツリーは、
この伝説の宝剣の畏れ多い神力を
鹿島神社から引っ張り
関東中に拡散させることが目的で

首都・東京を守るためにあえて
レイライン上に建てられたのです。

さらに、スカイツリーと鹿島神社には、
霊剣とは別のもう一つの重要な繋がりがあります。

神の使い

東京スカイツリーと鹿島神社の共通点。

それは「鹿」を象徴にしていること。

鹿鹿島神社の名前に「鹿」が
入っていることは一目瞭然ですし、
実際に鹿を神の使いとして崇めています。

東京スカイツリーは「地デジカ」
という鹿のキャラクタ―をマスコットにしている。

この共通点はただの偶然では片付けられないですよね。

なんで、イメージキャラクターが鹿なのか?
気になったことはありませんか?

東京スカイツリーは何を隠そう、
「地デジ化対応のために」建てられた電波塔です。

そのマスコットキャラクターを
神の眷属である鹿にする事で
レイラインの御利益を高めています。

そして、日本を襲う自然災害から守るという
意味が込められているのです。

これこそが東京スカイツリー建設の真実だったのです。

まとめ

途中、鹿島神宮や香取神宮について
お話しさせていただきました。

日本の神話・神道を知る事によって、
いろいろとつながりがある事は
今回の記事でも明白になりました。

スマホゲーム等で神様を知る機会は、
ものすごく多くなりましたが、
その成り立ちについても解説します。

実は、今回ご紹介したタケミカヅチは
天皇家の礎を築いたと言えるほど
活躍した神様なのです。

こんな感じで、陰謀論だけではなく、
歴史・神話についても発信をしていきます。

世界の危険地域で知った「世界の裏側」

日本では報じられない世界の裏情報

知ってはいけない世界の裏側とは?

今すぐ詳細を確認する

※危険なため公開中止の恐れあります

\ボタンをクリックして記事をシェア/

-日本の都市伝説, 都市伝説
-

Copyright© 都市伝説まとめ大辞典 , 2019 All Rights Reserved.