タイムリープ 都市伝説

未来人ジョンタイターの正体とは?タイターの予言まとめと未来の日本地図

電子書籍出版しました

イルミナティ悪魔の予言とは?

Amazon Kindleストアで販売中です

ボタンをクリックして今すぐ購入する

※応援お願い致します!

タイムトラベラーの元祖と言える
ジョンタイターをご存知でしょうか?

いろいろなタイムトラベラーがいますが、
おそらく彼がもっとも有名であり、
彼の登場後、模倣が増えました。

まさに元祖タイムトラベラー。

では、なぜ彼が元祖未来人、
タイムトラベラーと言われているのか、
予言を掘り下げていきます。

ジョンタイターとタイムマシン

アニメのシュタインズゲートにも
彼をモチーフにしたキャラが登場します。

2000年に突如アメリカの掲示板に現れて、
自分は2036年の未来からやってきた
タイムトラベラーだと名乗った事が始まりです。

最初はいたずらなんじゃないかと
半信半疑だったんですが、
ある事がきっかけで話題になります。

それがタイムマシンです。

当時の研究者たちが調査した所、
彼が公開したタイムマシンの構造が
理にかなってるっていると分かりました。

その結果、一気に話題になり、
彼の発言は信憑性があり、
世間が彼に注目し始めます。

彼が乗ってきたタイムマシーンは
2034年にCERNにより
試作1号機が実用化されたそうです。

CERNとは欧州原子核研究機構の事で、
こちらもいろいろ陰謀論があります。

その後、欧州原子核研究機構で実用化され、
ゼネラルエレクトリックが開発したようです。

タイムマシンに乗ってジョンタイターは
現代にやってきたという事です。

2000年にやってきた理由

未来人ジョンタイターは、
なぜ2000年にやってきたのか?

その理由は「UNIX時間問題」です。

UNIX時間問題とは・・・

2038年にUNIX時間を使った
コンピューターが誤作動を起こして
世界中で大災害が起こる問題です。

その問題を避けるために、
1975年に行き、IBM5100という
コンピューターを回収しに来たとの事。

1975年に任務でタイムトラベルし、
2000年にはプライベートな事情で
立ち寄ったとの事です。

タイムトラベル旅行が未来では、
一般化しているのかもしれませんね。

話を戻して、UNIX時間問題を
詳しく掘り下げていきますね。

UNIX時間問題とは

UNIX時間というシステムが
一般的にコンピューターには使われています。

これは今が何年何月という日時を
1970年から難病経過したかで
判断するシステムの事を言います。

そしてそのカウントが大きくなりすぎると、
誤作動が起きてるとの事です。

それが2038年です。

ちなみに2038年問題は
siriも教えてくれています。

UNIX問題を抱えるIBM5100は
一般的に使われるコンピューター言語と違い、
特殊な言語で作られているそうです。

タイターはこの機能を使って
問題を解決するようです。

IBM5100に特殊な言語が使われている事は、
世界でも20人ほどしか知らない
かなり大きな情報だったらしいです。

それをタイターは知っていました。

2004年にIBM5100の
開発に携わったエンジニアのボブデューベッカが
隠し機能があった事を認めています。

なので、タイターの言っていたことは
一応当たっているそうです。

タイターが言うには、ジョンタイターは
軍事関係者で彼の祖父がIBM5100の
開発に携わっていたの任務を任されたそうです。

ジョンタイターの他の予言

UNIX時間問題以外にも
彼はいろいろな予言を残しています。

有名な予言をピックアップします。

  • 2001年のペル地震
  • 2003年イラク戦争
  • 中国の宇宙進出
  • 2003年の狂牛病
  • 2005年の新ローマ教皇の誕生
  • 2020年の日本の地図

意味深ですよね。
こんな日本になってしまうのでしょうか。

先ほど挙げた予言は主に
当たってるものなんですが、
実は多くの予言を外れています。

予言が外れる理由はタイター曰く、
世界線が違うからとの事です。

タイターの世界では私たちの世界とは
全く異なる出来事が起きているそうです。

アメリカで内戦が起きたり、
2015年に第三次世界大戦で
30億人の死者が出たり・・・。

タイムトラベルすることで2. 5%
世界線がずれるっていうので、
同じ世界に見えて少しだけ違うんです。

全く同じ世界のトラベルするのは、
タイターの世界の技術ではまだ無理らしいです。

タイターの怪しい人間関係

ジョンタイターが2000年に来て
予言の的中などの有名になり、
彼とやり取りをした人物が多くいます。

タイターの人間関係も取り上げていきます。

パメラ・ムーア

タイターには仲良くしていた友達がいました。

それが、パメラ・ムーアです。

パメラは1998年に未来人が夢に出てきて、
その人物がジョンタイターに
言っていたことが非常に似ていたそうです。

興味を持った彼女はタイターと
掲示板でメッセージのやり取りをしていました。

彼女しか知らない情報もあるそうです。

ケイ・タイター

ジョンタイターの母親だと
名乗っている人物が彼女です。

ジョンタイターは子供の頃の
自分に会って父親と母親の
4人で暮らしていたそうです。

その時の母親がケイ・タイターです。

ただこの話を実に怪しい。

というのも、イタリアの番組が
調査してみたところ、ジョンタイターの話を
管理する怪しい人物がいました。

ラリー・ハーバー

彼はジョンタイたーの家族に
会ったことがあると主張していて、
この出来事に関する本を出しています。

この話に関する著作権の所有者です。

ラリーハーバーはジョンタイターが
実際にいたと主張していて、
彼に関する資料をまとめているのです。

そしてラリーはIT系出身の
パソコンに詳しい弟がいます。

どういう事かというと、
ジョンタイターの話は彼と弟が
でっち上げた話かもしれないのです。

ラリーが作った話し説が濃厚なのです。

まとめ

未来人の元祖ジョンタイターを
掘り下げて解説してみました。

結局真相はわかりませんが、
これは凄いとうなづける点も
怪しい点も多くあります。

個人的には未来人を信じたいし、
いてくれたらおもしろいと思います。

ただ、私たちが実際に思った事は
今後、未来で実現できるそうで、
タイムマシンはいずれ完成すると思います。

タイムマシンが完成したら、
あなたは未来・過去の
どちらに行ってみたいですか?

電子書籍出版しました

イルミナティ悪魔の予言とは?

Amazon Kindleストアで販売中です

ボタンをクリックして今すぐ購入する

※応援お願い致します!

\おもしろければ拡散お願いします!/

-タイムリープ, 都市伝説
-