インターネットの都市伝説 都市伝説

ダークウェブの危険な都市伝説【人体実験/赤い部屋/ブラックルームスープ】

この記事ではダークウェブに関する
都市伝説をまとめていきます。

このブログを見ているあなたは
毎日インターネットを使っていますよね。

今回取り上げるダークウェブは、
インターネットに存在している
かなり危険と言われるサイトの事を言います。

いくつか有名な都市伝説について
まとめていきます。

SPONSORED LINK



ダークウェブとは

あなたが普段アクセスしているサイトは
ネット上に存在するサイトの中でも
氷山の一角にしかすぎません。

インターネット上のサイトは
大きく3種類に分ける事ができます。

  1. サーフェスウェブ
  2. ディープウェブ
  3. ダークウェブ

まずは、こちらの紹介をします。

サーフェスウェブとは

サーフェスウェブとは文字通り、
インターネット状の表面を指しています。

私たちが普段から触れる事ができる
TwitterやFacebookなどのSNSを始め、
検索すれば出てくるサイトの事を言います。

このブログもサーフェスウェブです。

ディープウェブとは

ディープというと怪しく感じますが、
こちらも普段から私たちは使っています。

ディープウェブは検索しても
ヒットしないサイトの事を指しています。

普通では立ち入る事ができない領域の
情報だという事なんです。

具体的には・・・

  • パスワードが必要なサイトの事
  • 個人情報
  • 政府の機密情報・資料
  • 起業の機密情報・資料
  • SNS
  • メール

これらがディープウェブです。

ディープウェブはサーフェスウェブの
500倍のページ数があると言われ
ウェブ上の大半を占めています。

ダークウェブとは

ダークウェブはディープウェブの
一部であると言われています。

ディープウェブの中でも
特定のネットワークでしかアクセスできない
サイトの事をダークウェブと言います。

基本的に普通の人にはアクセスできず、
アクセスできたとしても危険です。

犯罪行為に巻き込まれる可能性が
非常に高いと言われています。

ダークウェブで取引されているもの

ダークウェブには様々なページがあり、
主に違法なものの取引に
使われていると言われています。

具体的には

  • 違法ドラッグ
  • 武器
  • 違法なクレジット情報
  • ヒットマン
  • マネーロンダリング
  • ハッキング
  • 人身売買オークション

などが取引されています。

ここからも分かると思いますが、
ダークウェブは非常に危険な所です。

ダークウェブ制作者が終身刑

ダークウェブなんて本当にあるのか?
と思われそうなんですが、
ダークウェブは存在しています。

2011年に作られたシルクロード
というダークウェブ上のサイトは
かなり有名だったそうです。

しかし、2014年11月に
FBIの摘発を受けてシルクロード管理人の
ブレーク・ベンサルさんが逮捕されます。

その後、シルクロードは閉鎖されています。

ちなみに、シルクロードは
月間で9億円の売上があったそうです。

相当な利用者がいた事がわかりますし、
ダークウェブが存在している事がわかります。

ダークウェブとビットコイン

これらの違法な取引には、
仮想通貨(暗号通貨)を使って
資金の受け渡しをしています。

暗号通貨は銀行に依存しないため
金融機関を通すことなく
受け渡しが可能になります。

SPONSORED LINK



ダークウェブの都市伝説

ダークウェブには危険な取引以外に
危険なコンテンツもあるようです。

ダークウェブで見つかったとされる
都市伝説をコンテンツの中でも
有名なコンテンツを紹介していきます。

ダークウェブの都市伝説1:赤い部屋

赤い部屋とは拷問の様子を
ライブ中継しているサイトとされています。

視聴者が運営側にお金を支払い
拷問の指示をする事ができるという・・・。

例えば、腕を切ったら10万円など。
このような形で指示を出して
拷問の様子を楽しむようです。

考えただけで気持ち悪いんですが、
あくまでも都市伝説です。

ダークウェブの都市伝説2:ブラックルームスープ

ブラックルームスープと調べると
一連の動画がYouTubeでも見れるので
興味があれば探してみてください。

当ブログでは動画の紹介はしません。

この動画はグロテスクではないんですが
何を意味しているのかが謎なんです。

カメラの前に座った全裸の男性が
泣きながらスープを食べているんですが、
男性を着ぐるみを着た人が慰めています。

着ぐるみを着た人が男性に襲いかかり
男性が悲鳴を上げた瞬間、動画は切れるという
謎の動画なんです。

謎ではあるんですが、気持ち悪さがあり、
様々な考察がされています。

ダークウェブの都市伝説3:宇宙人の人体実験

ダークウェブ上で宇宙人が
人体実験をされる画像が公開されました。

闇サイト発「エイリアン人体実験」の真偽 - まいじつより引用

この宇宙人はいわゆるグレイ型で
巨大な頭、大きな目、細い手足の
宇宙人の画像が公開されました。

この画像の詳細は1992年スイスの
アイガーにある極秘施設で撮影された
人体実験の様子だとされています。

宇宙人の体に電線のようなものをつなぎ
宇宙人の生態を調べています。

ただ、こちらはフェイクとのうわさも。

ダークウェブの本当の役割

いくつか都市伝説を紹介しましたが、
ダークウェブには本当の役割があるそうです。

実は、ダークウェブはFBIなどの組織や
政府機関が機密情報をやり取りするための
場所だと言われています。

もしかすると、私たちが知らない
陰謀論に関する情報もあるかもしれません。

それ以外にも、政府が凄腕のハッカーを
リクルートする場でもあるようです。

ダークウェブ上に難関の暗号を残して
最後まで問題を解く事ができた人物を
雇う事があるようなんです。

ドラマでもよく見ますよね?
こういう事が実際にあるとかないとか。

このような背景があるため、
政府はダークウェブの存在を知っていて
黙認していると言われています。

SPONSORED LINK



まとめ

ダークウェブについてまとめました。

情報を調べていくと、
ダークウェブの入り方について
調べている方が多くいます。

・・・が、非常に危険です。

この記事でも危険性について
お伝えする事ができたと思います。

普通にネットをしていれば
一生たどり着く事はないので
平和にネットを活用していきましょう。

あなたはイルミナティカードをご存知ですか?

カードを通じて暗示するイルミナティの未来

イルミナティの悪魔の予言とは?

クリックして詳細を確認する

※Amazonで販売中!



\ボタンをクリックして記事をシェア/

-インターネットの都市伝説, 都市伝説
-

Copyright© 都市伝説まとめ大辞典 , 2020 All Rights Reserved.