衝撃的事実!北朝鮮をつくった日本人「金策」とは?

日本と北朝鮮と言えば、いがみ合っている
そんなイメージをお持ちだと思います。

テレビなどで伝えられている情報を見れば、
日本人であれば、100%私と同じイメージを持ち、
北朝鮮は日本にとって危険な国だ!

と思われると思います。

しかし、先日、私のもとに届いたメールを見て、
これは、詳しく調べないと・・・と思った
衝撃的事実をこの記事でまとめていこうと思います。

Sponsored Link

北朝鮮を作った裏の人物

北朝鮮をつくった人物は誰でしょう?
答えは言わずと知れた「金日成(キムイルソン)」。

金日成は「偉大なる首領様」と呼ばれ、
神様みたいに崇められている人です。

金日成という名前は一度は聞いたことがあると思います。
歴史や政治問題に疎い私でも知っていますし。

で、今回の記事の本題はここからです。

その金日成を陰で支えた人物がいます。
その名は「金策(キム・チャク)」。

北朝鮮の公的な歴史によれば、
金日成のもっとも忠実な同志の一人です。

金日成の秘密金庫には、彼と撮った写真一枚が
大事に遺されていたという情報もあります。

つまり、金策(キム・チャク)は
金日成(キムイルソン)とともに、
北朝鮮をつくった人物と言えるわけです。

衝撃な点はここからです。
実は、この金策(キム・チャク)は日本人らしいのです。

そうなってくると、
おかしなことに気づきますよね。

日本人が北朝鮮をつくったことに
なってしまいます。

しかも、朝鮮戦争も日本のために
計画的に起こされたとか・・・。

そんなことがあっていいの??

信じられないのも無理はありません。

ただ、ここで明かされている情報は、
信憑性がかなり高いので一度見てみてください。

期間限定のため、募集が終了次第、リンクは削除します。

募集は終了しました!

「金策(キム・チャク)=日本人」説は、
陰謀論でも、都市伝説でもない、歴然たる事実です。

日本にとって北朝鮮とは何か。

そもそも、金策(キム・チャク)とは
どんな人物だったのか?調べていきます。

金策(キム・チャク)とは?

金策(キム・チャク)1903年8月14日~1951年1月30日

北朝鮮の軍人であり、政治家。北朝鮮労働党中央委員会常務委員。

正直、まともな情報があまりにも少ないですし、
日本人であるという情報もわずかです。

しかし、北朝鮮について調べてみると、
興味をそそる情報がたくさん見つける事ができました。

今回はこちらのブログの内容を参考に、
金策(キム・チャク)という人物。

ひいては、日本と北朝鮮の関係について、
情報をまとめていこうと思います。

ぜひ、こちらのブログをご覧ください。

日本人が誰も知らない北朝鮮の真実!から

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

上記のブログの情報が正しいとは限りませんが、
本当であってもおかしくないというか、
可能性の1つとして情報を見ておいても損はありません。

先ほどからご紹介している金策(キム・チャク)は、
日本陸軍の諜報員(スパイ)として送り込まれた
畑中理(はたなか、おさむ)だというのです。

金策(キム・チャク)こと畑中理は、
陸軍中野学校を卒業したエリート諜報員。

日本の戦争の敗戦によって頓挫してしまった
大東亜共栄圏創設という偉業を引き継ぎ、
北朝鮮を建国したのです。

金策(キム・チャク)は、戦時中に亡くなってしまい、
彼の意志は、故金正日(キムジョンイル)へと引き継がれます。

さらに、衝撃的な事実が出てきます。
調べていてホンマかいな!?と思わず思うほど。

故・金正日の父親は金策(キムチャク)

金策(キム・チャク)は、戦時中に亡くなってしまい、
彼の意志は、故金正日(キムジョンイル)へと引き継がれます。

という事を先ほどご紹介しましたが、
実は、金正日の父親が金策(キム・チャク)との事。

彼の母親は、金日成(キムイルソン)夫人の金正淑(キムジョンスク)。
金日成(キムイルソン)が1年半ほどロシアにいる間に、
彼を身ごもったそうです。

つまり、今の北朝鮮の指導者は、日本人の血が流れ、
金策(キム・チャク)こと畑中理の意志が受け継がれているのです。

日本人が知らない北朝鮮の真実

貧富の差が激しいという事は報道で知っていますが、
実は、北朝鮮自体は、世界有数の地下資源を持つ
かなりのお金持ちの国と言われています。

韓国統計庁が発表した「北朝鮮の主要統計指標」によると、2008年時点で北朝鮮の地下鉱物資源は総額で6兆4000億ドル。内訳は黄金2000トン、鉄5000億トン、マグネサイト60億トン、無煙炭45万トン、銅290万トン。

資源大国なのに、貧困なのか?いいえ、違います。日本、アメリカなど数カ国を除いて、世界中の国が北朝鮮と国交があり、盛んにビジネスが行われています。貧困だと言っているのは誰でしょうか?

出典:ja.wikipedia.org

調べれば調べるほど、メディアでは報道されない
新事実が次々と出てきます。

今、世界中の国が北朝鮮の地下資源を狙っているそうです。

話を戻しましょう!

これらの豊富な資源に目を付けたのが、
当時の日本帝国。その中でも野口遵 (のぐち したがう)という人物。

野口遵 (のぐち したがう)が率いた会社こそ、
日本窒素肥料(現・チッソ)なのです。

彼が始めた事は、豊富にある水源を活かして、
発電所(ダム)を作る事から開始します。

その結果、世界で1位の発電力を持つダムを建築し、
それらの資源を利用して核の研究・開発を進めたそうです。

その後、大日本帝国の敗戦後、それらの資源は、
ソ連と北朝鮮に引き継がれることになりました。

調べてみると、うそでしょ!と思うようなことが
かなり多く見つける事ができました。

しかし、これらはすべて事実なのです。
ぜひ、こちらから情報をチェックしてみてください。

期間限定のため、募集が終了次第、リンクは削除します。

募集は終了しました!

\「いいね!」「はてブ」をお願いします!/

Sponsored Link

ブログでは書けない危険な都市伝説をプレゼント中!

都市伝説研究家の天野翔一郎です。

たまたま見たやりすぎ都市伝説に衝撃を受け、
現在は、都市伝説に関する本を出版中。

ある事情で販売を取りやめた著書
「フリーメイソンの洗脳術」を
LINE@で期間限定でプレゼント中です!

限定プレゼントは、下記ボタンをワンクリック。
LINE@に登録後に受け取れます。

友だち追加

Sponsored Link